【独自】政府の対日投資会議アドバイザーに福岡市長就任へ

 海外から日本への投資を増やす政府の「対日直接投資推進会議」のアドバイザーに、福岡市の高島宗一郎市長が就任することが分かった。山際大志郎経済再生担当相が就任を依頼し、13日の会合から出席する。国際金融拠点都市に向けた産学官の「TEAM FUKUOKA」や、海外のスタートアップの誘致など、市の取り組みを評価したとみられる。...

残り 187文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR