「9条改正」衆院憲法審で自民が異例の主題 国防規定を重要視

 衆院憲法審査会が12日行った討議で、自民党の新藤義孝与党筆頭幹事は憲法9条への自衛隊明記に加え、国防規定の必要性を訴えた。「緊急事態条項の整備と併せて最優先で取り組むべき課題だ」と踏み込み、今後、改正に向けた具体的な案を提示する考えも示唆。自民が憲法審で9条改正を主要テーマにするのは極めて異例で、立憲民主党などは反発した。

 新藤氏は、中国の軍事力増強や北朝鮮の核ミサイル開発、ロシアのウクライナ侵攻を踏まえ「いかなるときも国民を守り抜く防衛体制の整備が必須だ」と指摘。「自衛隊は憲法に位置付けられておらず、国防に関する規定もなく不自然ではないか」と問題提起した。

...

残り 341文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR