瀬戸石ダム月末発電へ 電源開発が再開方針 既に貯水開始

 2020年7月の豪雨で被災した球磨川中流の瀬戸石ダム(熊本県芦北町、球磨村)について、管理する電源開発(Jパワー、東京)は、今月末に発電を再開する方針を明らかにした。被災後に全開していたゲートを閉じ、既に6日からダムに水をため始めた。

 Jパワーによると、豪雨での球磨川氾濫でダムに隣接する発電所が浸水し...

残り 300文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR