熊本県菊陽町長選、布田町議が出馬表明

 10月の任期満了に伴う熊本県菊陽町長選を巡り、町議で新人の布田悟氏(69)が12日、無所属で立候補する意向を明らかにした。出馬表明は元町議の吉本孝寿氏(55)に続き2人目。

 同日、県庁で記者会見を開いた布田氏は、熊本市街地から同町を経由して熊本空港(益城町)を結ぶ空港アクセス鉄道構想を巡る現町政の対応に触れ「受け身の姿勢が目立つ」と指摘。町内に進出する世界的半導体大手、台湾積体電路製造(TSMC)については「交通渋滞だけでなく、水や電気などに悪影響が懸念される」と話した。布田氏は同町出身で中央大卒業後、司法書士事務所を開所。1999年の町議選で初当選。現在4期目。 (綾部庸介)

熊本県の天気予報

PR

PR