梅雨入り前 松浦署、浜ノ脇地区など市内の危険箇所を実地調査

 長崎県警松浦署は11日、梅雨や台風時期を前に災害対策に万全を期すため、松浦市内の災害危険箇所を実地調査した。

 船津博之署長ら9人が、2019年8月の豪雨で地滑りがあった同市今福町の浜ノ脇地区に足を運び、ぎぎが浜付近で前倉親一区長の当時の話に耳を傾けた。船津署長は補強工事が進むのり面を見上げ、「思った以上...

残り 160文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR