九電、原発特重施設設置の遅れなど説明 唐津市議会特別委

 佐賀県唐津市議会は12日、玄海原発対策特別委員会を開き、九州電力から玄海原発3、4号機(玄海町)のテロ対策用「特定重大事故等対処施設(特重施設)」が設置期限に間に合わず、約5カ月遅れる運転計画変更などについて説明を受けた。

 九電の豊嶋直幸原子力発電本部長は冒頭、昨年相次いだ火災や作業員の負傷などのトラ...

残り 169文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR