福岡県春日市の盛り土、県市合同で危険性点検

 福岡県春日市の住宅地近くの山林に造成された盛り土について、県と市が12日、危険性を点検するために合同で現地調査を行った。山林では、ゴルフ場を経営する会社(同市)によるコース造成工事が中断し、土砂が搬入されたままになっている。

 県と市の職員15人が、機材を用いて盛り土の高さや角度を測定し、排水設備に問題がないかも調べた。...

残り 237文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR