ビワの木 那須清子

 昔々、私が生まれ育った家の庭に大きなビワの木が3本あった。その実がオレンジ色に染まる頃、学校から帰ると、木に登って食べていた。

 生家を出て53年。時代は移り、景色はすっかり変わった。現在のこの家に落ち着いたのは30年以上前。ずっと心の中に残っていた楽しい思い出だったから、庭に小さなビワの木を植え...

残り 417文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR