東京に別れを告げて 「出会い思い合い」(35)

【聞き書き】部落解放同盟中央執行委員長 組坂繁之さん

 1965(昭和40)年8月、政府の同和対策審議会は「同和問題の解決は国の責務であり、国民的課題である」とうたった答申を出しました。これが69(同44)年の同和対策事業特別措置法の施行につながるのです。部落問題を巡り時代は動き始めていました。

 65年春に拓殖大を卒業する少し前、福岡県添田町出身で後に労相や自民党参院議員会長を務めた村上正邦さんから、政治塾をつくるから卒業したら来ないかと...

残り 818文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR