ブロックチェーン、中高生が授業で学ぶ 飯塚で育てる技術者のタマゴ

 福岡県飯塚市で、デジタル技術「ブロックチェーン(BC)」の活用や可能性を学ぶ授業が広がっている。市は昨年11月に「BC推進宣言」をし、県と産業振興を図るとともに「人材育成」を掲げる。中高生に授業で最新の技術に接してもらい、将来の技術者輩出に結びつける狙いだ。

...

残り 670文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR