新造船休止のSSK、6年ぶり黒字転換

 佐世保重工業(SSK、長崎県佐世保市)が13日発表した2022年3月期連結決算は、純損益が1億8200万円の黒字(前期は106億9500万円の赤字)だった。新造船事業休止を中心とした合理化策や円安により採算が大幅に改善し、6年ぶりの最終黒字となった。

 売上高は前期比32.2%減の195億2300...

残り 162文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR