チッソ6年ぶり最終黒字

 水俣病の原因企業チッソ(東京)が13日発表した2022年3月期連結決算は、純損益が121億3900万円の黒字(前期は11億4300万円の赤字)だった。通期として6年ぶりの最終黒字となった。子会社が保有していた水力発電所の売却益を計上したほか、新型コロナウイルス禍のテレワーク需要に伴う液晶材料や、ワ...

残り 195文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR