熊本産アサリ漁順調 再開1ヵ月で23トン超出荷 県「対策の成果」 

 熊本県産アサリの漁獲が順調に推移している。県漁業協同組合連合会(県漁連)を通した出荷量は、漁の再開から1カ月となった12日までに速報値で23トンを超えた。熊本豪雨の影響で落ち込んだ2020年の年間漁獲量の21トンを上回っており、県は「資源管理や食害対策の成果」とみている。

 県漁連の公表資料による...

残り 381文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR