退任の創業者に功労金15億円 第一交通産業、2年連続赤字に

 第一交通産業(北九州市)が13日発表した2022年3月期連結決算は、純損益が8億4200万円の赤字(前期は21億9100万円の赤字)だった。6月に退任する代表取締役創業者会長の黒土始氏(100)への特別功労金15億9400万円を特別損失に計上、2年連続最終赤字となった。

 売上高は会計基準変更で単...

残り 258文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR