大分銀は増益 信用コスト減

 大分銀行(大分市)が13日発表した2022年3月期連結決算は、純利益が前期比48・7%増の53億7600万円と、6年ぶりの増益だった。取引先の倒産に備える信用コストが26億円減ったほか、店舗の統廃合などで11億1700万円の経費削減につなげた。

 売上高に当たる経常収益は3・3%減の557億990...

残り 92文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR