生活保護費下げ「合憲」 佐賀地裁が判決

 生活保護費の基準額引き下げは憲法が保障する生存権の侵害に当たるとして、佐賀県の受給者らが県などに引き下げ処分の取り消しを求めた訴訟の判決が13日、佐賀地裁であり、三井教匡裁判長は「裁量権の範囲の逸脱や乱用は認められない」として請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

 弁護団によると同種訴訟は29都...

残り 394文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR