不登校生の受け皿需要増、佐賀星生学園が移転 新校舎は定員1.5倍に

 不登校になった人や発達障害がある人たちも受け入れる私立高等専修学校「佐賀星生(ほっしょう)学園」の新校舎が佐賀市鍋島町森田に完成し、運用が始まった。延べ床面積は同市多布施の旧校舎の1・5倍で、定員も1・5倍の180人に増えた。入学希望者の増加で移転したという。

 新校舎はJR鍋島駅から北に1・5キ...

残り 527文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR