長崎市の稲佐アンダーパス 埋め立て平面化を断念、維持 県が方針

 長崎県は、長崎市のJR長崎線と交差する国道202号の「アンダーパス」(稲佐立体交差)について、埋め立てて平面化する当初の計画を見直し、アンダーパスを維持する方針を固めた。12日夜に県庁であった住民向け意見交換会で示した。

 平面化事業は、大雨時の冠水による通行規制の解消や沿道の利用促進のため、JR長崎...

残り 297文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR