民家2棟、土台のり面が崩落 長崎市戸町、住民避難も

 長崎市戸町3丁目で12日夜、民家2棟の土台となっているのり面が高さ約3~5メートル、幅約20メートルに渡って崩れ、土砂が下側の別の民家に流れ込んだ。けが人はなかったが、市によると土台が崩れた民家など一帯の住民が近くの小学校などに避難した。のり面の復旧のめどは立っていない。

 現場は斜面に民家が並ぶ...

残り 212文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR