「恩返し」ばかりの土俵でも

現在の両国(東京)へ移る前の、蔵前国技館での千秋楽の日。栃若時代を築いた初代横綱若ノ花の二子山親方は、声を絞り出したそうである。「寂しい。実に寂しい。この土俵にはおれの魂が置いてある」▼元関脇の幡瀬川は戦前、「相撲の神様」と呼ばれた技巧派だった。「同じ手で同じ相手に二度負けるのは恥」との語録が残る。...

残り 420文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR