『鉄の日本史』 松井和幸著

 大陸から伝わった鉄文化は、鉄鉱石に乏しい日本の資源事情の中、砂鉄原料の「たたら吹製鉄」という独自の製法を確立し、切れ味鋭く強靱(きょうじん)な日本刀を生み出すなど、他の地域では類を見ない高度な進化を遂げた。古代から近代の八幡製鉄所(北九州市)開所までの約2000年に及ぶ日本の鉄文化発展の過程を追い...

残り 104文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR