上田紀行著『覚醒のネットワーク』 共感によって分断乗り越える

 東京工業大学教授で文化人類学者の上田紀行氏が初めて著した原点ともいえる名著の新装版。1989年に仙台の小さな出版社カタツムリ社から初版が出た後、講談社や河出書房新社から文庫本として発売されていたが、今回3度目の復刊を果たした。

 発売からしばらくした頃に読んだが、今回再読して30年以上たっても古び...

残り 514文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR