『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』 心揺さぶる文学の多様性

 小説「ライ麦畑でつかまえて」などで知られる米国のJ・D・サリンジャー(1919~2010)。後半生は表舞台にほとんど現れなかった。本作は、女性作家ジョアンナ・ラコフの回顧録「サリンジャーと過ごした日々」が原作。

 90年代半ば。作家を夢見るジョアンナは、西海岸からニューヨークにやって来た。短期滞在...

残り 626文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR