危険度・避難、どう判断?【防災情報を使いこなす心得】 (2ページ目)

 ◆レベル4までに必ず避難 市町村の避難情報

 避難行動に移る目安は、原則として、市町村が出す避難情報です。

 キキクルで示される気象情報を踏まえ、警戒レベルに合わせて5段階に分け、レベル3(赤)が災害の恐れがある「高齢者等避難」▽レベル4(紫)が災害の恐れが高い「避難指示」▽レベル5(黒)は災害が発生、または切迫している「緊急安全確保」-となっています。

 大切なのはレベル4までに必ず避難することです。レベル5の段階では既に逃げ遅れの状態で、避難所へ向かうのはかえって危険な場合があります。そんなときは、豪雨の際は浸水しにくい2階以上に移動する「垂直避難」も有効です。頭の片隅に置いて判断してください。

 市町村の中には、地区ごとに細かく分けて避難情報を出すところもあります。自分の住む自治体のやり方を事前に調べて知っておき、周囲の状況やご自身の体の状態ともよく相談して、適切な避難行動につなげてほしいと思います。

 市町村が避難情報を発令する前提となる、気象庁などの注意報や警報は、さまざまあり、レベル3(赤)が「大雨警報」や「氾濫警戒情報」▽レベル4(紫)が「土砂災害警戒情報」や「氾濫危険情報」▽レベル5(黒)が「大雨特別警報」や「氾濫発生情報」-となっています。

 専門家でなければ、なかなか理解しにくいところですが、梅雨期や台風シーズンは、お住まいの地域にどんな情報が出されているか、インターネットやテレビ、ラジオ、防災無線などを通じて常に気にかけてほしいです。

 突然襲ってくる地震や火山の噴火と違い、台風や大雨はある程度は予測できて身構えることができます。防災情報の意味を知り、日頃から避難への備えをして行動に移せれば、命を守ることにつながります。大切な人ともこの「心得」を共有して、活用してください。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

はかた夏まつり2022

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月15日(月)
  • JR博多駅前広場(賑わい交流空間)

PR