【やさしい日本語】大雨(おおあめ)の  水(みず)を  地下(ちか)に  ためて  被害(ひがい)を  小(ちい)さくする

あめが  たくさん  ると、かわから  みずが  あふれて  まちに  ながれます。

建物たてものや  土地とちが  みずに  つかると  大変たいへんです。

福岡ふくおかけん  久留米市くるめしでは、4ねん  つづけて  みずの  被害ひがいが  ありました。

ですから、被害ひがいを  ちいさくするための  施設しせつを  いろいろな  場所ばしょに  つくっています。

あめの  みずを  しばらくの  あいだ  ためることができる、地下ちかの  いけです。

こうえんの  したなどに  おおきな  いけを  つくって、ふとい  はしらで  こうえんを  ささえます。

2025ねんの  はるまでに、あたらしく  3カかしょ  つくる  予定よていです。

3つ  わせて、プール(pool)  90ぱいぶんぐらいの  みずを  ためることが  できるそうです。

久留米くるめ市役所しやくしょの  ひとは「被害ひがいを  ふせぐために、まちなかに  施設しせつを  たくさん  つくることが  大切たいせつです」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

PR