コロナ禍と子どもの心 分かりやすい言葉で思い共有

九州産業大非常勤講師 窪田由紀氏

 新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちに強い不安と恐怖を与えました。

 子どもたちは急きょ決まった休校措置で、学年の締めくくりから新しい学校、学年でのスタートまでの時期を突然奪われました。その後登校が再開されましたが、速いペースで進む授業や学年初めの関係づくりが不十分な状態に、不安を抱えた子どももいました。元々学校生活に苦戦していた子どもにとって休校明けの登校のハードルは高く、休校中に生活リズムを崩した子どもたちも苦労しました。...

残り 821文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR