桂川町の宿泊体験施設、近畿大生が活用アイデア

 福岡県桂川町土師の宿泊体験施設「ゆのうら体験の杜(もり)」で14日、近畿大(飯塚市柏の森)の学生や井上利一町長ら20人が集い、施設や近くにあるキャンプ場の活性化を目指し、活用法を巡って意見交換した。

 これまで同施設やキャンプ場は町の二つの課が別々に管理していたが、4月からは企画財政課が一括管理している...

残り 449文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR