市民から読み札募った「大牟田市庁舎かるた」完成

 旧炭鉱の施設などを地域おこしにつなげているNPO法人「大牟田・荒尾炭鉱のまちファンクラブ」が、市民から読み札の句を募った「大牟田市庁舎かるた」を今月、完成させた。小中学校や高校に配るほか、1組千円で販売する予定だ。

 読み句は2020年11月から募集。「句作りの参考に」と、国登録有形文化財の市庁舎...

残り 310文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR