「営業再開めど立たなくても」旦過市場に一目惚れの被災店主、隣の分までがれき撤去

 4月に大規模な火災が起きた北九州市小倉北区の旦過市場で、火災後から続いていたアーケード北側の立ち入り規制が14日、約3週間ぶりに全面解除された。がれきの撤去に奮闘したのは経営する菓子店が大きな被害を受けた矢野芳正さん(47)。「新参者」の自分を温かく迎え入れてくれた市場に恩返しをしたいとの思いで、高齢の店主が営む近隣店のがれきも運び出し、早期復旧に一役買った。...

残り 523文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR