先発大関が3敗目 六回途中2失点、粘りの投球でも援護なく 

 ◆日本ハム2-0ソフトバンク(14日、札幌ドーム)

 先発の大関が、粘りの投球を見せながらも今季3敗目を喫した。三回に下位打線の連打で2死一、二塁とされると、今川に左翼線二塁打を浴び2失点。その後は六回2死で降板するまで、走者を背負いながらも点は与えなかったが味方の援護にも恵まれなかった。藤本監督は「ゲームはつくっているんで問題ないと思う」と及第点を与えた上で「テンポ、リズムが悪いかな」と指摘。大関自身も「チームに流れを持ってくる投球ができなかった」と反省を口にした。

関連記事

PR

PR