玉三郎さんの口上に思う

 山鹿市の芝居小屋「八千代座」の再興を支えた歌舞伎役者、坂東玉三郎さんの舞踊公演が、開演中の30周年記念公演で最後となる。初日の口上を聞き、八千代座と山鹿の人々、街への深い愛情をしみじみと感じた▼三味線と太鼓の音が木造の芝居小屋と響き合い、「木々が生き返る感動」を覚えたという第1回公演。住民たちが得...

残り 144文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR