ひきこもり理解につなげて 体験を本にした長崎県立大講師 伊藤さん

 自らのひきこもり経験を学術的な研究としてまとめた本「『ひきこもり当事者』の社会学」を3月に出版した。「引きこもった経緯や当時の心情を追体験してもらい、少しでも理解を深めてもらいたい」と望む。

 福井県出身。受験勉強偏重の高校の雰囲気になじめず2年の2学期から不登校となって引きこもり、3学期末に自主...

残り 808文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR