「基地のない沖縄を」 普天間から嘉手納まで平和行進

 本土復帰50年を翌日に控えた沖縄県で14日、過重な米軍基地負担の解消を求める「平和行進」が行われ、県内外から約千人が参加した。市街地の真ん中にあり「世界一危険な基地」と形容される普天間飛行場(宜野湾市)付近から、嘉手納基地(嘉手納町など)付近まで約9キロを歩いた。

 「基地のない沖縄を」と書かれた...

残り 219文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR