久留米、柳川両市で防災訓練 車内の被災者救出や高齢者誘導

 福岡県久留米市と柳川市で15日、豪雨災害を想定した防災訓練がそれぞれ行われ、土砂に巻き込まれた人を救出したり、土のうを積んだりする手順を確かめた。

 久留米市の総合防災訓練は4年ぶりで、上津小を会場に警察や消防など8機関・団体の約160人が参加した。4年連続で浸水被害が起きたことを踏まえ、プールでは冠水による孤立者を想定し、ボートで救助する訓練を実施した。

...

残り 404文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR