もの言う佐賀の「乱」 江藤新平の慰霊祭に思う 佐賀総局長・植田祐一

 旧佐賀藩士族の反乱を政府軍が鎮圧したとされる1874(明治7)年の「佐賀の役」。首謀者として処刑された江藤新平ら犠牲者を弔う慰霊祭が4月12日、今年も佐賀市の万部島招魂場で執り行われた。コロナ禍で参列者を絞っての開催だったが、主催の祭典委員会にお願いし、のぞかせてもらった。

 江藤家からは例年訪れ...

残り 950文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR