球磨村、減災へ一丸 古道を活用し村民250人が避難訓練 

 2020年の熊本豪雨で25人が犠牲になった熊本県球磨村で15日、早期に避難し減災につなげようと、大雨を想定した全村民対象の避難訓練が行われた。

 「全村民が避難について考える日」と名付けられた避難訓練は昨年に続いて2回目で、約250人が参加。村職員が待機する5カ所の指定緊急避難場所が開設されたほか、自主...

残り 360文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR