【日本詩人の冠 広瀬旭荘】淡窓と同じ24歳で塾主に 咸宜園を継承

 広瀬旭荘(きょくそう)は、豊前海岸の浮殿(うきでん)塾から帰った後、体調を崩して病気がちとなり、ひどいときは呻吟呼号(しんぎんこごう)の声が昼夜続くほどであったという。1830(文政13)年の春ころ、旭荘は肉体的にも精神的にもかなり疲労していたと思われる。

 文政13年閏(うるう)3月、淡窓が隠退...

残り 1023文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR