2回の流産を経て会えた赤ちゃん 【Happy21の子どもたち8】

 2018年8月。初盆を迎えた長崎の祖母の「精霊流し」に、私は駆け付けることができませんでした。長女、凛星(りんせ)の出産予定日と重なったためです。「きっとおばあちゃんが見守ってくれている」

 この妊娠、出産は、私にとってとても特別なものでした。結婚後、なかなか子どもに恵まれず、不妊治療の末に授かっ...

残り 803文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR