【速報】福岡市、6月1日から4回目接種 60歳以上と重症化リスク高い人対象

 福岡市は16日、新型コロナワクチンの4回目接種を6月1日から開始すると発表した。対象は3回目接種から5カ月以上経過した60歳以上と18~59歳で基礎疾患があったり、医師から重症化リスクが高いと認められたりした人。

 接種券について、60歳以上には5カ月を迎えるタイミングで5月下旬から順次送付。18~59歳については、3回の接種で市の基礎疾患等登録サイトで登録を終えた人には自動的に送付するが、接種後に新たに市に転入したり基礎疾患を持つことになったりした人については、登録サイトであらかじめ登録することが必要。

 接種は地域の約800カ所のクリニックなどで受けられるほか、中央体育館(中央区)、ももち体育館(早良区)に集団接種会場を設置する。

 高島宗一郎市長は会見で、国が4回目接種を限定したことに触れ、「これまでと違い、重症化予防にポイントを絞った」と話した。(塩入雄一郎)

福岡県の天気予報

PR

PR