大刀洗の今村天主堂、6月から補強工事 工期10年近く

 老朽化した福岡県大刀洗町の今村天主堂(国指定重要文化財)で6月から、耐震補強や保存修理のための工事が始まる。現存する九州最大の赤れんが造り教会堂。工期は10年近くかかる見通しで、建物内の見学がしばらくできなくなる。

 天主堂は1913(大正2)年、江戸時代の禁教期もひそかにキリスト教信仰を守り続けた...

残り 357文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

能meets博多

  • 2022年6月26日(日)
  • リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース

PR