「歴史の石垣」福岡共同公文書館が開館10周年 筑紫野市で特別展

 明治以降の福岡県内の公文書約14万点を保管する福岡共同公文書館(筑紫野市上古賀)が今年、開館10周年を迎える。近年は財務省の公文書改ざん問題などから、文書保管の重要性への認識も広がり、閲覧の冊数も増加。江崎紀彦副館長は「公文書は歴史の石垣で、今後の政策立案にもつながる重要な資料。保存と利活用の両輪をし...

残り 635文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

開催中

上条衿 作品展

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月16日(火)
  • ジュンク堂福岡店2階MARUZENギャラリー

PR