友の自死に自問自答 「出会い思い合い」(37)

【聞き書き】部落解放同盟中央執行委員長 組坂繁之さん

 「俺はあんたと一生付き合うけんな」

 高校時代、私が被差別部落の出身だと明かしたとき、そう言ってくれた親友、西川君(仮名)のことを以前お話ししました。

 私が6年ぶりに帰郷したとき、彼はある高校の化学の実習助手をやりながら、教員免許を取るべく夜間大学に通っていました。既に結婚してお子さんもいました...

残り 872文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR