西鉄、マルタイ、ピエトロ…暮らし支える地場企業の値上げどうなる

 九州の主要企業の2022年3月期決算は、新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだ社会経済活動が正常化に向かい、運輸や流通、外食など非製造業にも回復傾向が広がった。一方、急激な円安や、ロシアによるウクライナ侵攻の長期化で拍車がかかる資源、原材料高が多くの業種で影を落とし、企業からは先行きへの懸念の声も相次いだ。...

残り 1036文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR