1926年 最新鋭地下重油タンク群完成【プレイバック120⑮】

 1926(大正15)年2月、佐世保湾に突き出た俵ケ浦半島の庵崎に最新鋭の地下重油タンク群が完成した。海軍佐世保鎮守府の「庵崎重油槽」だ。

 市教育委員会文化財課によると、国内初の無筋コンクリート製地下重油タンクで、23~26年に計4基を設けた。総容量は20万トン。今は米海軍が使用し、現地には「WO...

残り 155文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR