炭鉱ははやる病も助け合い

暗い地底でも感染症にてこずっていた。福岡県の田川市石炭・歴史博物館で22日まで開催中の企画展「炭坑のメディカル」で知った。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界の記憶(世界記憶遺産)に登録された炭鉱絵師・山本作兵衛の記録画から、炭鉱の病や医療をひもとく▼坑内は衛生状態が悪く、インフルエンザやコレラ、...

残り 422文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR