【日高逸子物語】「理想のパートナー」がいてこそ、恩返しはレースで

水上のグレートマザー日高逸子物語(53)

 日高逸子の夫、邦博は「専業主夫」の先駆けだった。男性の育児参加が社会的に求められ始めたのは、1999年に男女共同参画社会基本法が施行されて以降のこと。邦博が家庭に入った90年代の初めは、まだ異端だった。

 邦博は嫌な顔一つせず仕事を辞め、名字も変えた。掃除、洗濯、育児…。逸子が何も言わなくても、率先してこなした。

 「ほんとに献身的に尽くされている感じです」

 逸子は邦博の姿勢に...

残り 851文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR