小さな花だけど魅力は大きく、うきは市でセッコク見頃 #この一枚

 福岡県うきは市浮羽町の西光寺で、ラン科のセッコク(石斛)が開花し、境内に甘い香りを漂わせている。見頃は今月下旬までという。

 セッコクは木の幹や岩などに着生し、初夏に3~4センチほどの淡紅色や白色の花を咲かせる。徳永(じざん)住職(88)が約30年前、山で採取した数株を植えたのが始まりで、今では境内のあちこちに広がり、松や梅の木を彩っている。

...

残り 85文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR