「今、命が奪われている」ナチス占領下の孤児の悲話、ウクライナ思い熱演

 ナチス・ドイツ占領下で迫害されたユダヤ系ポーランド人と孤児の実話を描き、福岡市で上演された「Dr.コルチャックと子どもたち」の舞台に、3~18歳の子どもたちが立った。国内でも四半世紀以上演じられてきた物語だが、今年はロシアのウクライナ侵攻が深刻化。「戦争は遠い話じゃない。どうして戦争が起き、無力な...

残り 941文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR