九電、自由料金プランの値上げ上限撤廃 振込票送付も有料化へ

 九州電力は18日、家庭向けの「自由料金プラン」について、発電に使う燃料価格の変動を料金に反映させる燃料費調整制度の上限設定をなくすと発表した。10月分から適用し、対象は110万件に上る。他に毎月の電気料金振込票などを書面で発行する場合、新たに手数料を徴収する。

 上限廃止は、自由料金プランのうち、...

残り 481文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR