秀岳館サッカー部監督が退職 部員に暴行 コーチは懲戒免職

 熊本県八代市の私立秀岳館高サッカー部の30代男性コーチが部員に暴行した問題を巡り、同校が部員による謝罪動画の投稿に関与していた段原一詞監督が学校を退職し、男性コーチを懲戒免職処分にしたことを県に報告していたことが分かった。

 関係者によると、同校は17日、保護者に中川静也校長名の文書を送付し、段原...

残り 217文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR